飴・キャンディ研究所

センターインキャンディ

ロットについて

最小ロット:2t

経済ロット:4t

※最小ロット2t製造し、1袋の内容量を72gとした場合、おおよそ27,000袋出来上がります。

商品開発の流れ・スケジュールについて

ご依頼から完成まで約13ヶ月

  1. ご依頼
  2. 打ち合わせ
  3. 試作
  4. 配合調整
    (配合決定)
  5. 試作品の
    耐久テストと検証
  6. ラインテスト
  7. ラインテスト品の
    耐久テストと検証
  8. 原材料表示・
    包材表示内容確認
  9. 本生産・
    包材セット加工
  10. 出荷
※スケジュールはあくまでも目安になります。配合の難易度や生産スケジュールによって変動いたします。

形状について

ペースト状のものを、キャンディのセンターに閉じ込めた2層仕立てになったキャンディになり、形状はオーバル型のみ可能です。
センターに入るペースト量は全体重量の約6%を推奨しております。(ペーストの量が多くなると割れやすくなるためです。)

型名 オーバル型
形状
型の寸法
目安
外形
(mm)
18
厚み
(mm)
15
標準重量(g) 3.8
重量範囲(g) 3.6~4.0
※寸法の厚みは、標準重量の場合の値となります。

包装について

ピロー包装(個包装)
出来上がりサイズ:約32×55mm 材質:アルミ蒸着、透明蒸着
商品パッケージ
外装(三方袋) 飴の形状 飴の1粒あたり
(ピロー包装込)
目安内容量
(ピロー包装込)
内箱(6袋入)
ダンボール(8箱入)
200×150mm
オーバル
4.0g 64g
(16粒)
210×150×高さは各種(mm)
415×315×高さは各種(mm)
※外装材質:アルミ蒸着またはアルミ箔 / 内箱材質:コートボール等
※一般的なサイズ例となります。場合によってはサイズが変更になる可能性がございます。
※ピロー包装後、バルク納品をご希望される場合、ケース入数は8~10kgが目安となります。

試作について

試作の流れ
仕様確認 → 配合調整 → 試作のように、打ち合わせを重ねながら進めます。
費用
50,000円/件(税別) ※実施内容については要確認。
日数・数量
4〜6週間程度(1種) ※1回の試作で送付できる試作品は10粒を目安量としております。

ラインテストについて

量産が可能かどうか実際の本生産時の製造ラインを使用し、製造条件を見極めるためのラインテストを行います。

納品価格について

商品完成品の価格につきましては、仕様内容によって異なります。
打ち合わせを進めていく中で、改めてお見積りいたします。

※最終加工(袋詰め)、包材の手配も承っております。

センターインキャンディの原材料について

主な原材料は、砂糖・水飴・香料になります。
酸味料や色素を追加使用することも多いです。

酸味料:
酸味付けのために使用しております。
香 料:
風味付けのために使用しております。味の出し方の強弱も対応可能です。
色 素:
天然着色料を使用しております。蛍光灯・太陽光に長時間あてた場合、色落ちする場合がございます。
※外装の材質は光を通さない、アルミ蒸着やアルミ箔を推奨しております。

オリジナルレシピについて

オリジナル性を高めるため、原料を支給頂き、キャンディへ添加もおこなっております。

※支給頂く原料は、一般細菌数・大腸菌群・カビ・酵母等、食品衛生基準をクリアしている事が前提となります。
果汁
濃縮果汁 (透明・混濁)、ピューレを添加することが可能です。 ※ストレート果汁は添加出来ません。
粉末原料
そのまま添加したり、ペースト状にしたりして添加が可能です。
分散出来ない場合は、要相談といたします。
配合実績
ビタミン類
ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンE・葉酸
ミネラル類
乳酸カルシウム・ピロリ酸第二鉄・塩化カリウム
その他
プロポリスエキス・ビルベリーエキス・ハーブエキス・シソの実エキス・甜茶エキス・キンカンナンエキス・
カンゾウエキス・キキョウエキス・マツヤニエキス・植物性乳酸菌・ローヤルゼリー・GABA
配合できないもの
  1. 乳以外の特定原材料6品目を含むもの(卵・小麦・そば・落花生・えび・かに)
     ※特定原材料に準ずるもの21品目は要相談
  2. 熱耐性のないもの(100℃以上に耐えれないもの)
  3. 固形物(ごまなどの粒が残るもの、ミントの葉など)
  4. 塩などの湿気の吸収が早い原料
  5. 生菌
  6. エタノール分が多い原料